ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > サバーサマ、できあがる

サバーサマ、できあがる

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2014年6月30日更新
人形を馬の上に固定する

人形を馬の上に固定する
わらを固く結んでつくる
竹の軸を中心に組み立てる
人形づくりのようす
完成した人形
 6月29日(日)、東深川の飯山八幡宮で県無形民族文化財に登録されている「サバーサマ」の人形づくりが行われました。  「サバーサマ」は、田植えのこの時期に行われる、長門市から下関市の海岸沿いを「サバーサマ」「サネモリサマ」の2体の藁人形を使う虫送りの行事です。サバーとは、稲につく害虫のウンカなどを、サネモリサマは、源平の合戦で亡くなった斎藤実盛のことを指しています。斎藤実盛は、乗っていた馬が稲の切り株に足を取られてつまずいたところを討ち取られました。このため、実盛が稲を食い荒らす害虫になったと言い伝えがあります。その怨霊を鎮めるため、害虫をよそに連れて行ってもらえるよう祈る行事になっています。  この日サバーサマを製作したのは、地元藤中自治会の住民6人で、上田宮司とともにわらや竹、麻ひもを使って2体を作りました。  約2時間かけて完成した人形は、馬に乗った人形です。この人形に兜や刀、のぼりを取り付け、7月2日から神事を行い、5日11時に飯山八幡宮を出発する予定です。