ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > ベトナムからやってきました

ベトナムからやってきました

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2014年6月25日更新
ベトナムの話で盛り上がる

ベトナムの話で盛り上がる
話題はベトナムでの米づくりについて
6人が一緒に暮らしている
最後に握手を
市長といっしょに
 6月25日(水)、深川養鶏農業協同組合で働くベトナム人女性6人が大西市長を表敬訪問しました。これは、深川養鶏農業協同組合が、長門市をベトナムでも知ってもらおうと、彼女たちをモデルに市内のようすをビデオに収め、自社でビデオ制作中に表敬訪問したものです。  6人はベトナムの大学を卒業して日本にやってきました。日本語も理解ができ、勤勉に働いています。  大西市長から、好きな日本食について聞かれると、「すし、天ぷら、すももが好きです」と答えていました。全員農家出身で、アパートの近くの畑できゅうりなどの野菜を作っています。また、「長門市の感想はどうですか?」と聞かれると、「長門市は自然もきれいで、食べるものもおいしい。人もとても親切です」と話していました。  深川養鶏農業協同組合では、現在6人のベトナム人を雇っていますが、今後も増やすことにしているとのことです。 ; min-height: 24px