ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > アジの調理に挑戦

アジの調理に挑戦

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2014年6月16日更新
アジを3枚におろす

アジを3枚におろす
山芋と卵をアジのミンチと合わせる
オリーブオイルで焼く
自分で作った料理の味は?
見事にできたアジのカツレツ
 6月14日(土)、長門市保健センターで、ガールスカウト山口県第9団の団員10人がアジの調理について学びました。これは、同団が、普段あまり調理する経験のない子どもたちに、地元でとれるアジの捌き方や調理の仕方について学ぼうと、仙崎水産物協同組合に依頼し開かれたものです。  この日のメニューは、アジのカツレツトマトソースで、初めに子どもたちは包丁でアジを3枚におろしました。アジの捌き方について、市内で鮮魚の刺身を提供している白石裕介さんが講師を務め、包丁をどう使うか、皮をどうやって取るのかなどについて手本を示しました。  きれいに3枚になったアジは、ミンチにされたあと山芋や卵などと一緒に混ぜた後成形、パン粉をまぶしてオリーブオイルを入れたフライパンで焼かれました。  別に作られたトマトソースをたっぷりかけ、子どもたちは初めて作ったカツレツをおいしそうにほおばっていました。  同団では、月2回、清掃活動や野営など、親が子どもにさせられない経験をさせようと、さまざまな活動をしており、今後もたくさんの経験ができるよう取り組みたい、と話していました。