ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 小雨の中、ハーブを愉しむ

小雨の中、ハーブを愉しむ

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2014年6月9日更新
ハーブ園のようす

ハーブ園のようす
ハーブの苗の販売が人気を集める
新鮮野菜の販売には三隅中学校の生徒がボランティア参加
スケッチが行われた
香月泰男美術館では特別展も
 6月8日(日)、三隅の香月泰男美術館周辺のハーブ園を会場に、「みすみハーブを愉しむ日」が開催されました。  まつり会場ではあいにくの小雨の中、ハーブグッズやハーブと花の苗、新鮮野菜の販売や、焼そばや焼き鳥などのバザーが開かれ、来場者は買い物を楽しみました。  ハーブ園では、20本100円でハーブの摘み取りが人気を集めていました。スケッチ大会は予定どおり開催され、一生懸命にスケッチする小学生の姿が見られました。  会場の香月泰男美術館では前日7日から「香月泰男イタリア遊学記」の展示が始まり、多くの人が訪れていました。