ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 新たな委員に辞令交付

新たな委員に辞令交付

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2014年5月19日更新
辞令を交付される固定資産評価審査委員会委員の皆さん

辞令を交付される固定資産評価審査委員会委員の皆さん
辞令を受ける松浦教育委員
; color: #252525 5月19日(月)、市長室で固定資産評価審査委員会委員と教育委員に辞令が交付されました。 ; color: #252525 固定資産評価審査委員会委員会とは、自治体に設置することが義務づけられており、http://ja.wikipedia.org/wiki/%e5%9b%ba%e5%ae%9a%e8%b3%87%e7%94%a3%e8%aa%b2%e7%a8%8e%e5%8f%b0%e5%b8%b3 color: #0745ad固定資産課税台帳に登録された事項に関する不服の審査及び決定を行う機関で、その委員の任期は3年となっています。 ; color: #252525 この日委員に任命されたのは、6人で、そのうち3人が2期目、3人が新規となります。大西市長は、「課税される市民の皆さんのために、審査などではより慎重な対応をお願いします」とあいさつしました。 ; color: #252525この日任命されたのは次のとおりです。(敬称略) ; color: #252525伊藤正典・河内浩己・森永龍夫・山本英雄・藤野義久・光村達夫 ; color: #252525 また、任期満了に伴う教育委員の交代により、前深川中学校校長の松浦正彦氏が長門市教育委員に任命されました。大西市長は、「最近では教育委員会の改革が話題になっていますが、これまでの経験を活かして、学校のみならず社会教育や他の課題もいろいろな角度から検討をしていただきたいと思います」と述べました。任期は本日5月19日から4年間となっています。