ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 健康づくり歩け歩け大会

健康づくり歩け歩け大会

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2014年4月29日更新
上り坂を元気に駆け上がる参加者

上り坂を元気に駆け上がる参加者
ストレッチ・ウォーキング教室のようす
美味しそうに豚汁を頬張る
ニュースポーツを体験
霧の中でもちまき
 4月29日(火)、「健康づくり歩け歩け大会」が日置地区で行われました。 これは、グループで自然の中を楽しく歩くことによって、歩くことの大切さとふるさとの「豊かな自然」を再発見してもらおうと日置農村環境改善センターが主催したもので、チャレンジの部(約9キロ)に8組20人、ファミリーの部(約6キロ)に16組50人が参加しました。 この日心配された雨もスタート前には上がり、参加者は日置農村環境改善センターから千畳敷までのコースを思い思いのペースで歩きました。 千畳敷に到着した参加者は、用意された豚汁を食べておなかを満たした後、キャッチング・ザ・スティックやペタンクなどのニュースポーツを家族や友達と挑戦しました。また、悪天候のため予定されていた奉仕作業は中止となりましたが、じゃんけん大会や北山自治会主催のもちまきも行われ、参加者は春の一日を千畳敷で楽しみました。