ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 日頃の訓練の成果を競う

日頃の訓練の成果を競う

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2014年4月21日更新
競技のようす

競技のようす
選手宣誓は日置方面隊の木村団員
水バケツの部のようす
消防団の部1位の深川南分団第1部隊
女性の部1位のゆもと苑マーメイド
 4月20日(日)、旧青海島小学校グラウンドで、第8回長門市消防操法大会が開催されました。これは、消防団員の消防技術の向上と士気の高揚を図るとともに、女性の部の消火競技を実施することにより初期消火活動が迅速、確実に行えるよう訓練し、防火意識の啓発を図ることを目的に開催されています。  開会式では大西市長が「最近、火事が頻発しています。一昨年の湊地区の大火災を教訓に、装備の充実に努めていますが、運用する人間が重要な役割を持っています。今日の大会のために厳しい練習を積まれたと思いますが、ますます消防技術を高めてほしい」とあいさつしました。また、入江寛消防団長は「今月に入ってから2件の建物火災が発生しています。消防団は月2回の点検を行うなど、市民に知られていない地道な活動ですが、基本的な動作や連携がスムーズにいくように、日頃からの訓練をしっかり積んでほしい」と話しました。  日置方面隊第3部隊の木村友則団員による選手宣誓のあと、競技が始まりました。9つの消防団と9つの職場などによる女性の部が取り組みました。 ; min-height: 24px  結果は次の通りです。(3位まで) 消防団の部 応急操法(4人編成) 1位 長門方面隊深川南分団第1部隊 2位 油谷方面隊油谷分団蔵小田部隊 3位 三隅方面隊第2分団中村部隊 ; min-height: 24px 女性の部 水バケツ(5人編成) 1位 ゆもと苑マーメイド 2位 日置婦人防火クラブ 3位 笑ってこらえてへき楽園