ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 一市一農場推進室看板設置

一市一農場推進室看板設置

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2014年4月17日更新
看板の字は大西市長自らが思いを込めて書いた

看板の字は大西市長自らが思いを込めて書いた
式典のようす
農地集積コーディネーターの委嘱状が渡される
関係者一同で記念撮影
一市一農場推進室は日置支所1階に
text-align: justify; kozuka gothic pro& 4月17日(木)、長門市役所日置支所で、長門市一市一農場推進室看板掲出式が行われました。これは、今年度、県の農地中間管理機構の事業を受託して、長門市各地の農地の集積・集約を推進するため4月1日に設置した一市一農場推進室の看板を設置する式典で、関係者ら約20人が出席しました。text-align: justify; kozuka gothic pro& 式典では大西市長は、「長門市の農業を根本的に変えていき、担い手も経営体や法人化したいと考えている。また、後継者育成も図っていく取り組みとし、長門市の農産物は安心・安全ということで全国に打って出ることとしていきたい。一市一農場推進室と今回就任いただくコーディネーター、それに協力員の力で、強力に進めていっていただきたい。全国の先頭を走るこの事業は注目もされており、全国のモデルとなるよう、ぜひ成功するようがんばりましょう!」と意気込みを述べました。text-align: justify; kozuka gothic pro& その後、大西市長とやまぐち農林振興公社の堀信雄理事長により、一市一農場推進室の看板が取り付けられました。text-align: justify; kozuka gothic pro& 続いて、一市一農場を推進するための農地集積バンクコーディネーターとして、末永敏彦氏と増野建治氏に委嘱状が手渡されました。text-align: justify; kozuka gothic pro& 一市一農場推進室は市役所日置支所1階に位置しています。今後は農地集積を進めていくこととしています。