ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 村田副市長が退任

村田副市長が退任

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2014年3月31日更新
退任のあいさつをする村田副市長

退任のあいさつをする村田副市長
大西市長から退職辞令が交付される
職員から花束を受け取る
大西市長と握手
多くの職員が見送った
 3月31日(月)、村田副市長が31日で退任することから退任式が行われました。 村田副市長は、平成24年4月に就任しました。在任中には、県との連携強化や市役所内部業務の改革、特に成長戦略検討会議においては本部長として手腕を発揮しました。  退任にあたって、大西市長は、「2年間、長門市に対して多大なる貢献をいただきました。特に、今取り組んでいる成長戦略検討会議の提言に対する行動計画を取りまとめていただき、今それを実行しようとしています。県職員としての豊富な経験により、市職員の政策立案についての指導もいただき、感謝しています。今後も県政の中でのご活躍を期待しています」と感謝の意を表しました。  村田副市長は退任のあいさつの中で、「県に戻っても、私にもできる支援をしていきたいと思います。お世話になりました」と述べました。職員から花束が渡され、多くの職員に見送られながら市役所を後にしました。  4月1日には、新たに磯部副市長が就任することになっています。