ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 「火災予防作品」表彰伝達式

「火災予防作品」表彰伝達式

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2014年3月4日更新
賞状を手に笑顔を見せる古田さん

賞状を手に笑顔を見せる古田さん
賞状の伝達を受ける古田さん
利用者の前で標語を読み上げる
最優秀賞を受賞した古田さんに温かい拍手が送られる
 3月4日(火)、特別養護老人ホーム 恵光苑で「平成25年度火災予防作品」における表彰伝達式が行われました。 これは、火災予防について関心を高めるとともにポスターや標語の活用によって火災予防を啓発しようと山口県や公益財団法人山口県消防協会、山口県消防クラブ連合会の主催で募集が行われたものです。 469点の応募があった防火標語の部において特別養護老人ホーム恵光苑のデイサービスに通う古田輝子さんの作品が、最優秀賞(山口県知事賞)に輝きました。最優秀賞となった古田さんの作品は、「コンセント 塵も積もれば 火事になる」です。 この火災予防作品には、恵光苑のデイサービスの一環として毎年応募しており、利用者が火災予防について話し合い、利用者それぞれが標語を考え応募しました。古田さんの標語は、近所に住む息子さんに「コンセントのほこりを放っておくと火事になるよ」と言われた実体験をもとに考えたということです。 長門市消防本部の財満消防長から表彰状を受け取った古田さんは「生れて初めてこのような賞をいただいた。帰って息子に見せたい」と喜びの言葉を述べました。