ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 全国大会出場激励会

全国大会出場激励会

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2014年2月25日更新
賞状を手に記念撮影

賞状を手に記念撮影
激励費を受け取る谷村さん
日ごろの活動などを報告
 2月25日(火)、長門市役所で全国大会出場激励会が行われました。 この日市長から激励を受けたのは、第19回全国青年・女性漁業者交流大会に出場する山口県漁業協同組合長門女性部の津室好子部長と仙崎支部の谷村康子さんです。 山口県漁漁協長門女性部は、1月17日(金)に下関市で開催された第60回山口県漁村青壮年女性活動実績発表大会において最優秀に選ばれ、全国大会出場を決めました。 激励費を手渡した大西市長は「全国大会では、長門の元気と長門の良さを発信してきてほしい。これからも市内の女性部の活動を引っ張ってください」と激励しました。 これに対して発表を行う谷村さんは「負けてたまるかという気持ちが湧いている。大会では何かを感じ取って帰りたい」と意気込みを語りました。 なお、第19回全国青年・女性漁業者交流大会は、3月4日(火)5(水)に東京都千代田区 グランドアーク半蔵門で開催されます。谷村さんは「長門女性部に活気を再び!」と題して減少した支部や部員、女性部としての活動を取り戻そうとしている取組を発表します。