ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 高齢者叙勲の伝達式

高齢者叙勲の伝達式

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2014年2月20日更新
勲記と勲章を受け取る近藤さん

勲記と勲章を受け取る近藤さん
勲記と勲章を手に記念撮影
 2月20日(木)、長門市役所で高齢者叙勲の伝達式が行われました。 このたび瑞宝双光章(高齢者叙勲)を受賞したのは、東深川の近藤雅さんです。長年にわたり長門市助役として地域の発展と地方自治の伸展に寄与した近藤さんは、大西市長から勲記と勲章を受け取りました。 近藤さんは、県職員として総務部参事、企画部次長などの要職を歴任。その豊富な知識と経験をいかして、昭和61年6月から平成4年9月までの6年余りにわたって長門市助役として、市政の発展と住民福祉の向上に多大な貢献をしました。 勲記と勲章を受け取った近藤さんは「福田市長とは、中学の同級生だった。大津郡の町長とも知り合いで当時は鍛えられた」と助役時代の思い出を語りました。また、「このような章をいただけるとは思わなかった。恐縮している」と受章を喜んでいました。