ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 男女共同参画フォーラム

男女共同参画フォーラム

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2014年1月19日更新
フォーラムのようす

フォーラムのようす
安全な水についての学習
世界の人口について中学生と質疑をする桜井さん
参加者全員で動いてクイズに参加
アメを使って貧富を学習
 1月19日(日)、ラポールゆやで男女共同参画フォーラム?ワークショップ「世界がもし100人の村だったら」を通して?が、油谷中央公民館事業の「セミナー創生」とあわせ開催されました。 このフォーラムには、菱海中学校の1・2年生と保護者、市外からも含めた一般参加者など約150人が参加しました。参加者は、桜井・法貴グローバル教育研究所所長の桜井高志氏と大津緑洋高校のアシスタントスタッフのガイドのもと、実際に身体を動かしながら世界の現状を体感しました。また、世界における男女格差の存在だけでなく、大陸ごとの人口比や、識字率の問題、富の配分などをワークショップで学習。世界では、さまざまな理由でまだ戦争や内紛が起こっており、その中で、妊婦や乳幼児など弱い立場の人が犠牲になっていること、そういった人たちを助けるために相互協力が必要なことなどを考える機会になりました。 参加した生徒からは「豊かな国に生まれた私たちが生まれつき持っているものの多さに気付かなかった」などの感想が聞かれました。