ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 年末年始の火災を防ぐ

年末年始の火災を防ぐ

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2013年12月26日更新
整列した消防団員

整列した消防団員
あいさつに立った大西市長に敬礼
この日は約80人が参加
車両に乗り込む
大西市長、村田副市長らが出発を見送る
; color: #333233 lucida grande&12月lucida grande&25日(水)、長門市役所南側駐車場で、平成25年度長門市消防団年末年始特別警戒激励式が行われました。これは、年末年始は生活の繁忙と火気使用の増加によって火災発生の危険性が大きくなる時期であり、これを防ぐために年末年始特別警戒を実施する消防団へ激励を行うものです。この日は市内から消防団12部隊、約80人が参加しました。 ; color: #333233 式では大西市長が、「昼夜を問わず地域の安心・安全のために消防団員として活躍されていることに敬意を表します。今年は25件の火災が発生しており、年末年始にかけてこれ以上の火災が起こらないようにするためにも、特別警戒に取り組んで下さい」とあいさつしました。 ; color: #333233 その後、三輪徹市議会議長、入江寛消防団長が激励のことばを贈り、団員は車両に乗り込みました。そして、大西市長らが見送る中、各団の車両は警戒に出発しました。