ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 油谷小が木材加工を体験

油谷小が木材加工を体験

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2013年12月12日更新
フローリング材の加工を体験する児童

フローリング材の加工を体験する児童
木を運ぶ機械を見学
木の皮をはぐ機械を興味深そうに見る児童
見たことのない機械ばかりをたくさん見学
木を乾燥させる機械で温度を体験。「温かい」「木のいい香りがする」と話す
 12月12日(木)、日置地区にある木材工場でものづくり体験が行われました。 この体験は、油谷小学校の改築にあわせた「森林学習」として行われたもので、児童が自然資源の利活用や環境保全に対する理解を深めようと開催されました。 最後の学習となったこの日、木材工場を見学したのは、油谷小学校5年生24人です。児童は、伐採された木が紙となるチップへと加工されていくようすや床材などに加工されていくようすを見学しました。続いて、フローリング材の仕上げをする機械を見学した児童は、その機械を使って加工体験をしました。 3回にわたって行われた「森林学習」を終えた児童は「二酸化炭素を吸ったり床や紙に使われたり、木ってすごいなと思った。自然も大切にし、新しい学校も大事にしたい」と感想を述べました。