ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 12年ぶりの花園へ

12年ぶりの花園へ

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2013年12月11日更新
12年ぶりの花園出場するメンバーとu18花園女子セブンズに出場する泉さん

12年ぶりの花園出場するメンバーとu18花園女子セブンズに出場する泉さん
談笑するメンバー。この3人は小学校時代にタグラグビーで全国大会出場を果たした
しっかりと握手を交わす中野主将
激励費を受け取り握手を交わす泉さん
 12月11日(水)、全国大会出場激励会が長門市役所で行われました。 全国大会に出場するのは、12年ぶりに花園出場を果たした大津緑洋高校ラグビー部とu18花園女子セブンズに選抜された大津緑洋高校ラグビー部1年の泉奈々美さんです。 激励会でははじめに大西市長が「県決勝では素晴らしい試合に涙が出た。ラグビーワールドカップキャンプ地招致への大きな弾みとなった。花園では素晴らしいパフォーマンスをしてほしい」と激励の言葉を述べました。 大西市長より激励費を受け取った中野伸彦主将が「花園でも自分たちのスタイルである前に出るラグビーで1回戦を突破したい」と意気込みを述べました。また、u18花園女子セブンズに出場する泉さんは「自分にできるプレーをして大津のスタイルである前に出るプレーで注目されるプレーをしたい」と語りました。 第93回全国高等学校ラグビーフットボール大会は、今月27日(金)?1月7日(火)まで東大阪市 近鉄花園ラグビー場で開催されます。u18花園女子セブンズに出場する泉さんは27日(金)に東軍と西軍に分かれて行う試合に出場。大津緑洋高校ラグビー部の1回戦は、28日(土)に北北海道代表の遠軽高校と対戦します。