ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 県内初となる運行開始

県内初となる運行開始

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2013年12月9日更新
見送られながら出発する車両

見送られながら出発する車両
自宅前まで来た車両に乗り込む利用者
目的地となる俵山郵便局に到着した車
向津具で10日から始まった送迎サービス

12月9日(月曜日)、県内で初となる「新しい公共交通」の運行が俵山地区で始まりました。 これは、公共交通不便地域である俵山地区と向津具地区において運行されるもので、電話での予約に応じるデマンド方式で、利用者の自宅近くから主要な施設や地区外へ出かけるための路線バスに結節するよう運行され、npo法人が自家用自動車を使用して過疎地有償運送を行います。

俵山地区で行われた出発式では、運行を行う特定非営利活動法人ゆうゆうグリーン俵山の中原英樹理事長が「npoを立ち上げた時からこのサービスをやらなければと考えていたので実現してうれしく思う。こういった運行を待っている地域がまだあると思うので、先進地として地域の足となるために頑張っていきたい」と意欲を語りました。この後、関係者に見送られた車は、予約のあった利用者2人を乗せ、行き先である俵山郵便局まで運行しました。初めての運行を利用した乗客は「停留所で待つことがなく、買い物などの荷物を持って歩かなくてすむのでとても便利。これからも通院や買い物などで利用したい」と話していました。 

なお、俵山地区全域で行われるデマンド交通は、月・水・金曜日の週3回運行され、年末年始の12月29日から1月3日までが運休となります。1日4回運行し、運賃は200円。事前に予約が必要で電話番号が0837-29-5070です。運行を行う特定非営利活動法人ゆうゆうグリーン俵山への登録が必要となります。

 また、10日(火曜日)には、油谷向津具地区全域でもデマンド方式による運行が開始されます。運行を行うのは、特定非営利活動法人むかつくで火・金曜日の週2回運行され、年末年始の12月29日から1月3日までが運休となります。1日4回運行し、運賃は200円。事前に予約が必要で電話番号が0837-34-0868です。運行を行う特定非営利活動法人むかつくへの登録が必要となります。