ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 油谷こどもミュージカル

油谷こどもミュージカル

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2013年12月2日更新
主役の桃は高いブランコに

主役の桃は高いブランコに
音楽に合わせて踊る
みんなで息を合わせて踊る
主役の桃(写真右)に友達が語りかける
フィナーレでは出演者の目に涙が
 12月1日(日)、ラポールゆやで油谷こどもミュージカルの第12回定期公演「桃や姫物語」が行われました。油谷こどもミュージカルは、平成14年度にラポールゆや開館5周年を機に発足し、毎年公演を行っています。今年は午前と午後の2回の公演が行われ、どちらの公演も多くの観客が来場しました。  物語は主人公の桃が、両親の代わりに育ててくれたおじいさんとおばあさんが遠くに行ってしまう、行かなければ鬼になる、ということを聞き、鬼の住む島に鬼が人間になれる宝物を探しに行くストーリー。多彩なシーンが観客を楽しませました。  小学生から高校生の約30人と老人役などの大人が3人が出演しました。この日のために一生懸命練習してきた子どもたちは、体いっぱいに表現し、歌い、踊って観客を魅了していました。フィナーレには目に涙を浮かべながら踊る出演者もおり、観客から温かい拍手が送られていました。