ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 糖尿病予防講演会

糖尿病予防講演会

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2013年11月19日更新
講演会のようす

講演会のようす
斎木病院内科部長の植田浩平さん
血糖値を測定する参加者
筋力のチェック。片足でどのくらいたてるか挑戦
 11月19日(火)、長門市地域医療連携支援センター研修室で平成25年度「糖尿病予防講演会」が行われました。 これは、糖尿病の予防について理解を深めることで生活習慣の改善を図り、健康づくりに取り組もうと市が開催したもので約50人が参加しました。 この日行われた講演会では、斎木病院内科部長の植田浩平さんが「糖尿病の予防について」と題して糖尿病の発症や進行の予防について講演しました。講演の中で植田さんは「糖尿病は、健診等により早期に発見すること、生活習慣の改善や治療を継続的に取り組むことが重要である」と話し、食事や運動などの生活習慣の改善について具体的に説明しました。 講演会終了後には簡易血糖値測定が行われ、参加者の多くが自分の血糖値を知ろうと測定に参加しました。 講演を聞いた参加者は「糖尿病の予防について理解することができた。生活習慣を見直したい」と感想を述べました。