ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 俵山温泉街の活性化を

俵山温泉街の活性化を

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2013年11月11日更新
藤野俵山地区発展促進協議会会長から大西市長に構想が手渡される

藤野俵山地区発展促進協議会会長から大西市長に構想が手渡される
構想について、大西市長に説明。手前から、宍村俵山公民館長、山本時博俵山知恵だし会議議長、藤野俵山地区発展促進協議会会長
大西市長も市としての取り組みを話す
この構想の作成には約30人が参加
 11月11日(月)、俵山温泉街の活性化を中心に、俵山地区全体の修景にかかる将来構想を俵山地区の住民でまとめた「俵山地区成長への原点全体構想」がこのたび完成し、大西市長に手渡されました。  この「俵山地区成長への原点全体構想」は、俵山地区発展促進協議会と俵山知恵だし会議が今年4月から世話人会や全体会議、ワーキングチームなどを通じてまとめたもので、将来の俵山地区が一枚岩となって暮らし続けられる里づくりのため、「まずは良質な景観づくりから始めよう」というテーマで、俵山の貴重な資源である古いまちなみの保存と将来設計をつくりました。  提出にあたり藤野忠次郎俵山地区発展促進協議会会長は、「老いも若きも、一人一役でできることからやっていこう、という気持ちをまとめたものです。これからも定住や移住への展開を念頭に取り組んでいこうと思います」と話しました。また、俵山知恵だし会議の山本時博議長は、「俵山には私たちが失いかけているものがまだ残っているので、これからの展開に期待しています」と話しました。  これに対して、大西市長は、「今、俵山は温泉力が注目されており、成長戦略の中でも重点項目となっています。また、ワールドカップラグビーのキャンプ地誘致もあって、とても重要な地域となっています。それだけ期待も大きい場所です。市として取り組む必要があるところにはしっかり取り組んでいきたい」と話しました。  俵山地区では、今後、この全体構想をもとに、俵山の観光振興を進めていくことにしています。