ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 俵山地区民文化産業祭

俵山地区民文化産業祭

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2013年11月11日更新
俵山小学校5・6年生による「白浪五人男」

俵山小学校5・6年生による「白浪五人男」
俵山中学校体育館での展示に多くの人が足を止める
あいにくの雨の中、特産物販売も盛況
ja長門大津俵山支所は餅つきを行う
俵山中学校3年生による歌舞伎「五人三番叟」
 11月10日(日)、俵山公民館周辺を会場に、第45回俵山地区民文化産業祭が開催されました。これは、俵山地区内の学校や俵山公民館関連各団体、各事業団体の活動発表を行い、これらの団体が連携を密に取り組むことで地域の活性化を図ることを目的としています。  演芸会場となったのは俵山小学校体育館でここでは俵山小学校・俵山中学校の児童・生徒の発表を中心に発表が行われました。また、公民館で活動するグループも発表を行い、来場者はそれぞれの演芸を楽しんでいました。  屋外では、焼きそばやもちつき、揚げ天、焼き鳥などのバザーが開かれ、俵山の特産品の販売なども行われました。あいにくの天気でしたが、多くの人が来場し、賑わっていました。  俵山中学校の体育館では、幼児園から公民館活動グループまでの学習の成果の展示が行われ、たくさんの人が足を止めて、その作品に見入っていました。