ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 海の安全を守る

海の安全を守る

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2013年11月1日更新
表彰を受ける中原文雄さん

表彰を受ける中原文雄さん
表彰を受け、記念撮影
海に浮かぶ灯浮標
 11月1日(金)、山口県漁業協同組合 湊支店で、海上保安庁長官感謝状伝達式が行われました。感謝状が贈られたのは、東深川の中原文雄さんです。中原さんは、平成5年9月に深川湾灯浮標の監視協力員に委嘱され、20年間に渡って航路標識の灯火監視活動を行ってきました。  中原さんは、「夕方には家から監視活動を行っています。雨の日には見にくいときもありますが、安全を守るため見落としのないようにこれからもがんばっていきたいです」と話しました。  11月1日は、灯台記念日とされています。これは、我が国での西洋技術を用いた灯台の建設が明治元年、横須賀市の観音埼灯台に始まり、この灯台の起工式の日である明治元年11月1日を「灯台記念日」と定められています。今年は145周年を迎えました。