ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 全国から822点が応募

全国から822点が応募

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2013年10月27日更新
大賞の作品

大賞の作品
金賞を受賞した深川中3年の村岡さん
名誉館長の香月婦美子さんも出席した
「芸術的な作品が多くあった」と語った竹内浩一さん
受賞者の皆さん
 10月27日(日)、第15回香月泰男ジュニア大賞絵画展の表彰式が香月泰男美術館で行われました。 これは、戦後日本の洋画界を代表する画家、香月泰男の業績を称えるとともに、児童・生徒の大らかな心の育成と自分らしさを表わす力の向上を目指そうと開催されています。 「食べ物を描こう」というテーマで行われた絵画展には、全国から822点の応募がありました。 はじめに大西市長が「多くの応募があり香月画伯が全国の人から愛されていると感じる。回を重ねるごとに素晴らしい作品が充実してきていると感じます」とあいさつをしました。 表彰式の後、審査員長を努めた元京都市立芸術大学教授で日展評議員の竹内浩一さんが「ここから日本を代表する芸術家に育ってほしい」と述べ、それぞれの作品を総評しました。 なお、上位入賞者は以下のとおりです。(敬称略)■大賞 石川雄大(山陽小野田市立小野田中1年)■長門市長賞 時枝晋太郎(山口大学教育学部附属光小学校4年)、重枝 凪々葉(周南市立周陽中学校1年)■金賞 井上 怜美(宇部市立厚南小学校1年)、宮岡 花夏(防府市立中関小学校3年)、茅野 香穂(山口大学教育学部附属山口小学校6年)、村岡 七海(長門市立深川中学校3年)■銀賞 後 奏汰(長門市立日置小学校1年)、岡村 叶恋(長門市立日置小学校2年)、硲 宥羽(山口大学教育学部附属山口小学校3年)、丸尾 喜一(長門市立明倫小学校5年)、塩瀬 有美(長門市立菱海中学校2年)、塩屋 桜子(山口市立小郡中学校2年) なお、入賞・入選した作品は、香月泰男美術館内に12月28日(土)まで展示されるということです。(入場無料)