ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > ラグビー中国ブロック大会

ラグビー中国ブロック大会

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2013年8月26日更新
トライに向け疾走する山口県チーム

トライに向け疾走する山口県チーム
試合開始前に円陣を組む
激しいタックルを受けながら進む
こちらは島根県対広島県(いずれも少年男子の部)
 8月22日(木)から25日(日)にかけて、俵山多目的交流広場で第68回国体ラグビーフットボール競技中国ブロック大会が開催されました。  このうち少年の部は22日に1回戦を行い、24日に準決勝、25日に決勝が行われました。24日はあいにくの空模様で、雨で湿った芝のグラウンドは選手にとっては滑りやすいコンディション。2試合目に登場した山口県は、鳥取県と対戦。10-8で勝利し、25日の決勝に駒を進めました。  決勝では島根県と対戦。5-50で敗れました。  成年男子は2016年のオリンピックから正式種目となった7人制で行われ、リーグ戦の結果、広島県が本大会へ進みました。