ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 俵山温泉第40回納涼祭

俵山温泉第40回納涼祭

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2013年8月16日更新
輪踊りのようす

輪踊りのようす
イベントの初めはビンゴゲームから。インターンの大学生がお手伝い
8月から長門市地域おこし協力隊として俵山にやってきた小坂さんも自己紹介
絶叫大会のようす
輪踊りには合宿で訪れていた社会人ラグビー選手も参加
 8月15日(木)、俵山温泉第40回納涼祭が開催されました。17時から焼きそばや焼き鳥、ジュースやかき氷の夜店がオープンし、ステージではビンゴゲームでイベントがスタートしました。  絶叫大会では、子ども達を中心に声の大きさを競いました。「どやっ」「じぇじぇ」「やっちまった」という3つのテーマについて子どもたちは経験したことなどを話し、最後に大声を出していました。  祭りのメイン、輪踊りの時間になると来場者たちは会場の中心に、輪を作るように集合。「いい湯だな」、「温泉ばやし」の2曲に合わせて踊りました。時間が経つにつれて踊りの参加者が増え、輪は大きくなり、参加者たちの表情にも笑顔があふれていました。また、たまたま俵山に自主合宿をしていた岡山からの社会人ラグビー選手も参加、「俵山最高!」と絶叫していました。  まつりの最後には、福引きが行われ、来場者は最後まで祭りを楽しみながら行く夏を惜しんでいました。