ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > スポ少まつり

スポ少まつり

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2013年8月12日更新
ロープ・ジャンピングのようす

ロープ・ジャンピングのようす
初めにルールの説明を聞く
キャッチング・ザ・スティックはみんなで集中して
ロープ・ジャンピングはみんなが揃ってからカウントする
リング・キャッチ・クロス・10は見た目より難しい
 8月11日(日)、ルネッサながとでスポ少まつりが開催されました。この大会は、市内のスポーツ少年団の団員が同じ種目を通してお互いの親睦を深めるとともに、体力づくりの機運を高め、今度の団活動の健全育成を図ることを目的に開催されました。  今回はロープ・ジャンピング・10、キャッチング・ザ・スティック、リング・キャッチ・クロス・10の3種目が実施されました。ロープ・ジャンピング・10は10人で長縄跳びに挑戦するもので、3分間で何回もチャレンジできます。キャッチング・ザ・スティックは1チーム10人で、8組のスティックを両手で持ち、8人が同時にスティックから手を離し、右へ移動します。スティックを倒さないように何回キャッチできるかを競います。リング・キャッチ・クロス・10は、10人が5人ずつ2組に分かれ、リングをクロスするように投げ交わします。1つだけリングの色が違っており、その色のリングが最初の人に戻るまでのタイムを競います。  参加した団員たちは、初めて経験するこれらのニュースポーツを楽しんでいました。  成績は以下のとおりです。(優勝のみ)  ロープ・ジャンピング・10     みすみ明倫b  キャッチング・ザ・スティック  みすみ明倫b  リング・キャッチ・クロス・10   チーム浅田a