ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 馬に触れ心を育む

馬に触れ心を育む

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2013年7月29日更新
乗馬を楽しむ

乗馬を楽しむ
みんなでお手入れ
厩舎を清掃する児童
乗せてくれた馬に感謝しながらえさの準備をする児童
恐る恐る馬にまたがる
 7月29日(月)、大津緑洋高校日置校舎で2回目となる「馬まるごと教室」が行われました。 これは、日置農村環境改善センター主催の「感動!発見!ふれあい!教室!!2013」の講座の1つです。また、この教室は、大津緑洋高校日置校舎の地域貢献活動の一環として同校の馬クラブが馬とのふれあいの中で豊かな心を育んでもらおうと実施しました。 この日、乗馬など馬と触れ合ったのは、日置地区の小学生10人です。参加した児童は、馬クラブの生徒の指導を受けながら、乗馬や馬の体のブラッシング、厩舎の清掃などを体験しました。指導にあたった馬クラブの生徒は「馬と関わることで体を動かして欲しい。また、動物と触れ合うことで子どもたちのコミュニケーション力が高まれば」と話しました。また、乗馬を体験した児童は「景色が良くて涼しかった。牛の鳴き声やセミの鳴き声がよく聞こえた」とうれしそうに話しました。 なお、この体験教室は、全3回実施され、8月5日(月)に3回目が開催される予定となっています。