ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > クリーンウォークinながと

クリーンウォークinながと

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2013年7月29日更新
ゴミは吸殼や空き缶が多かった

ゴミは吸殼や空き缶が多かった
国道の歩道を歩く
湯本地区では参加者が例年より少なめ
渋木コースが出発
この日集められたゴミの一部
;  7月27日(土)、市内各所でクリーンウォークinながとが開催されました。これは、長門市の美しい自然環境や潤いと安らぎのある快適なまちを次世代に引き継ごうと毎年開催されているもので、この日は深川地区、湯本地区、渋木地区、油谷地区で開催されました。;  湯本地区では、地区住民約30人が集まり、渋木方面と河原方面の2方向に分かれて路肩のゴミを収集しました。;  深川地区では、深川中学校の生徒を中心に地区住民と合わせ約300人が活動に参加しました。参加者は路肩の下まで降りて紙くずや空き缶を拾っていました。;  この日集められたゴミの量は、可燃・不燃合わせて軽トラック13台分となりました。;  ;  クリーンウォークinながとは、8/2に三隅地区、8/3に通地区でも行われます。三隅地区では地区ごとにそれぞれ行われます。