ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 水産校舎の生徒が遠泳

水産校舎の生徒が遠泳

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2013年7月17日更新
b級の生徒が隊列を組んで遠泳を終える

b級の生徒が隊列を組んで遠泳を終える
やや緊張した面持ちの生徒たちが遠泳に挑戦
晴れ渡った空の下、仙崎湾を泳ぐ
遠泳を終え岸壁に戻る
泳ぎ終えた生徒は満足そう
 7月17日(水)、大津緑洋高校水産校舎の生徒が遠泳に挑戦しました。この遠泳大会は、水産高校時代から約60年間続いている行事で、強靭な体力と不撓不屈の精神を養い、連帯感の育成を図ろうと実施されています。大津緑洋高校水産校舎前の仙崎湾をa級2km、b級1km、c級500mの3つに分かれて隊列を組んで泳ぎました。  生徒たちはこれまで100分の海での練習を8回とプールでの練習を行い、この日を迎えました。  9時すぎに、まずa級の生徒57人が入水、そのまま東の方角に隊列を組んで出発しました。続いてb級の生徒60人が入水し、a級の生徒に続きました。最後にc級の生徒12人が水に入りました。  海上では先生の乗る舟から隊列を指示する声がかけられ、生徒は約5mの間隔を維持しながら泳ぎました。地上からも先生から檄が飛ばされ、近くの保育園児も応援に駆けつけました。  c級の生徒は約40分、一番距離の長いa級が約1時間後、全生徒が無事泳ぎ終えました。泳ぎ終えた生徒たちは、皆満足そうに海から上がってきました。