ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > ラグビーを満喫

ラグビーを満喫

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2013年6月10日更新
選手といっしょに走る

選手といっしょに走る
低学年のグループのようす
高校生はスクラムの指導を受ける
パスの練習も行われた
午後からの招待試合は引き分け
 6月8日(土)、ラグビークリニックと長門市招待ラグビーが俵山多目的交流広場で開催されました。  ラグビークリニックは、今シーズン日本ラグビーのトップリーグで活躍する「コカ・コーラウエストレッドスパークス」の現役選手が市内外の小中学生や高校生にラグビーの指導を行うもので、約170人が参加しました。  クリニックは学年ごとに分かれて行われ、低学年では最初はみんなで手をつないで走ったり跳んだりしていましたが、慣れてくるとタックルの練習をしていました。相手に対して低く入って、足をしっかりつかむことが大切だと指導を受けていました。  午後からは長門市招待ラグビーとして、コカ・コーラウエストレッドスパークス」対「福岡サニックスブルース」の試合が行われ、36対36で引き分けました。