ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 「人権の花」運動

「人権の花」運動

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2013年5月13日更新
花を植えるようす(浅田小学校)

花を植えるようす(浅田小学校)
記念撮影(浅田小学校)
人権擁護委員による自己紹介
花を植えるようす(油谷小学校)
記念撮影(油谷小学校)
 5月13日(月)油谷小学校と浅田小学校で「人権の花」運動が行われました。 この運動は、花の種子などを子供たちが協力して植え、育てることにより、命の大切さや思いやりの気持ちを育もうと開催されました。萩人権啓発活動地域ネットワーク協議会の主催で、山口地方法務局萩支局や萩人権擁護委員協議会、市の関係者が参加。両校の全校児童とともに学校の花壇や畑にヒマワリの種や苗を植えました。 油谷小学校では、1つ1つの種を大切に植えていました。一方、浅田小学校では、異なる学年でペアを組んで一緒に協力して植えていき、それぞれヒマワリの気持ちを考えながら作業を行っていました。 なお、両校とも児童が水やりや草取りなどを行い、夏にはきれいで立派な花が咲くよう世話をしていくとのことです。