ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 第9回通なんでも市

第9回通なんでも市

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2013年5月7日更新
魚のつかみ取りではヒラメやメイボ、メジなどを狙ってつかむ

魚のつかみ取りではヒラメやメイボ、メジなどを狙ってつかむ
焼きイカの大きさにびっくり
遊漁船体験航海には下関や宇部、山口からも参加者が乗船
くじら汁は大人気
魚のつかみ取りの申し込みは朝早くから行列ができるほどの人気
 5月4日(土)、青海島の通(かよい)で「第9回通なんでも市」が開催されました。これは、古式捕鯨の里である通の伝統文化と同地区が有する水産資源を広くprし、地域の活性化を目的に開催されているもので、この日は約5000人が訪れました。  会場では、「ホエールが食えーる」と称してくじら汁などくじら料理の販売が行われ、併せて魚のつかみ取り、遊漁船体験航海、入札体験、地元出身歌手の新宅由貴子さんのライブなどのイベントも行われました。  そのほか、会場にはしらす丼やうにめし、焼き鳥、焼きイカ、かまぼこなどのバザーやフリーマーケットも開かれ、来場者は好みの食べ物を買い求めていました。  イベントの最後には、湯本温泉宿泊券やタブレット端末が当たる大抽選会が行われ、最後まで盛り上がっていました。