ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 日ごろの活動が評価され受賞

日ごろの活動が評価され受賞

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2013年3月28日更新
受賞報告をする入江団長

受賞報告をする入江団長
表彰状と盾を披露
 3月28日(木曜日)、山口県知事表彰受賞報告会が長門市役所市長室で行われました。 今回県知事から表彰を受けたのは長門市消防団で、3月21日(木曜日)に山口県庁で山本県知事より表彰を受けました。 この表彰は、災害の現場において消防任務の遂行上、特に功績があったとして受賞しました。平成24年11月13日未明に長門市深川地区で発生した建物火災においては、延焼の拡大防止や飛び火警戒を実施するなど火災防御活動を展開しました。また、住民を円滑に避難誘導し20世帯43人を避難させたことが大きく評価されました。 報告を受けた大西市長は「悪条件の中での火災だったが、消防団の活躍により鎮圧できたことを感謝している」と受賞を喜びました。 受賞を報告した長門市消防団の入江寛団長は「湊地区の火災はもちろん、消防団の日ごろの活動が大きく評価された。これからも市民の安心安全を守るために活動に励んでいきたい」と抱負を述べました。