ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 引っ越し大作戦

引っ越し大作戦

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2013年3月25日更新
引っ越しのようす

引っ越しのようす
お別れ集会では最後に校歌を歌う
引っ越しは地域住民といっしょに
体育館に運び入れるようす
校舎は小学生用に一部を改修
 3月24日(日)、油谷向津具下の向津具小学校で現校舎とのお別れ集会と引っ越し大作戦が実施され、全校児童33人と教職員、地域住民、教育委員会職員などあわせて約100人が参加しました。  向津具小学校は今から52年前に建築された現校舎に耐震性が不十分であることなどから、平成22年3月に閉校した向津具中学校の校舎への移転が決まりました。決定後、体育館への耐震補強工事や校舎を中学生基準から小学生基準へ階段や黒板の高さを変更する工事を行い、この日の引っ越しを迎えました。  現校舎とのお別れ集会では、児童代表の5年生 室本真薫さんが「長いろうかを一生懸命拭いたこと、地域の人たちと作り上げ、みんなと心が1つになったと感じた向津具大運動会、みんな大好きです。この校舎とお別れするのはさびしいけど、新校舎に引き継いで元気いっぱい取り組みたいです」とあいさつしました。  その後、参加者全員で現校舎から体育道具やプランターなどを車に載せて新校舎へ運び込みました。児童は新校舎の掃除をし、地域住民は校舎周辺の草とりをしました。  最後にランチルームで閉会行事を行い、帰りにはお祝いのお餅が配られました。