ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > love花火in湯本温泉

love花火in湯本温泉

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2013年2月12日更新
打ち上げられたlove花火

打ち上げられたlove花火
寒い中、熱気があふれた会場
生演奏に耳を傾ける
新宅由貴子さんも歌声を披露
花火にたくさんの人が見入る
 2月9日(土)、湯本温泉音信川河川公園で、love花火in湯本温泉が開催されました。これは、恋人の聖地湯本温泉で、恋人や家族への思いを込めた愛のメッセージ(音信川恋文コンテスト)を託した花火を打ち上げるもので、節分が過ぎたものの、まだまだ寒い中、たくさんのカップルや親子連れが来場しました。河川公園には、うどんや焼き鳥、ラーメンやフライドポテト、唐揚げを販売する出店もあり、会場内は大変な賑わいになりました。  ステージでは生ライブが行われ、バレンタインデーを控えて雰囲気のあるメロディーが流れていました。また、地元出身の新宅由貴子さんも歌を披露し、その後メッセージの読み上げも行いました。  家族へ向けた感謝の気持ちや、恋人に対する気持ちのこもった愛のメッセージが読み上げられたあと、love花火が打ち上げられました。来場者は打ち上げられるたびに歓声をあげ、きれいな花火に見入っていました。    なお、音信川恋文コンテストで優秀作品は次のとおりです。    グランプリ  「結婚は絶対許さないと式にも出なかった父の 車椅子を押すあなたがあの頃よりもっと好き」  (神奈川県 岬めぐりさん 50歳代 女性 夫へ)    準グランプリ  「酸いも甘いも時を経て、程よい湯加減になりました。ゆっくり過ごせるのが幸せだね。」  (山口県 ラヴィアンローズさん 40歳代 男性 妻へ)    優秀賞  「花火の日、あなたが好きよと打ち明けた 言葉は消えない、くっきり浮かぶ闇の中」  (東京都 ジュ・リ・エ・ットさん 60歳代 女性 夫へ)    「プロポーズの言葉。「砂丘に眠る星を二人で掘ろう」よくわかんないけど楽しそう。」  (奈良県 若かった頃のわたしさん 40歳代 女性 若かった頃のあなたへ)    「私の人差し指を握る君の小さな手が 私の手より大きくなる日を、楽しみにしているよ」  (新潟県 永田美樹さん 10歳代 女性 1歳の弟へ)