ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 大畑路をたすきでつなぐ

大畑路をたすきでつなぐ

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2013年1月20日更新
スタートの瞬間

スタートの瞬間
先頭争いをする2チーム
7区、8区の一般男性はコースを1周半する
沿道で応援するようす
先頭でゴールした江良チーム
 1月20日(日曜日)、旧大畑小学校周辺で第24回深川地区ふれあいスポーツ駅伝大会が行われました。 これは、地区民のふれあいと交流を深め、走ることを通して体を鍛え、健康づくりに関心を深めてもらおうと開催されています。 開会式では、深川スポーツ振興会の伊藤明生さんが「1本のたすきをつないで頑張ってください。皆さんの熱気で残った雪を溶かしましょう」とあいさつをしました。 大会には、8チームが参加。8区間12.96キロを小学生から40歳以上の男女でチーム編成し競われました。 参加した選手は、冷え込む大畑路を力強く走りぬき、次の走者へたすきをつないでいました。また、親子で参加しているチームが多く、親子でたすきリレーする場面も見られました。 大会の結果は次のとおりです。 ◯優勝  江良◯準優勝 三ヶ村◯第3位 上川西2・3区はやぶさ