ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 人命救助者に感謝状贈呈

人命救助者に感謝状贈呈

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2013年1月11日更新
感謝状を受け取った濱村さん(左)と山根さん(右)

感謝状を受け取った濱村さん(左)と山根さん(右)
贈呈式のようす
 1月11日(金曜日)、長門警察署で人命救助者に対する感謝状の贈呈式が行われました。 今回感謝状を受け取ったのは、油谷後畑の濱村弘志さんと油谷川尻の山根正次さんです。2人は、1月1日の9時30分ごろに川尻漁港内において防波堤から海中に転落した71歳の男性を適切かつ迅速に救助しました。郵便配達員の濱村さんが早朝より年賀状を配達中に漁港内にあるトイレに立ち寄った際に「助けて」ということが聞こえておぼれている人を発見しました。そこで濱村さんは、消防署に連絡するとともに近くを通りかかった人に誰か呼ぶように指示をしました。そして、指示を受けた人が山根さんに連絡。山根さんが直ちに船で現場に向かい男性を救助しました。 感謝状を贈った長門警察署の濱地計典署長は「気温が3℃と低く、とても危険な状況だったが尊い命を救うことができてとても感謝している」とお礼を述べました。第一発見者の濱村さんは「偶然通りかかったのも何かの縁。怪我もなく無事でほんとうに良かった」と話しました。また、救助した山根さんは「感謝状をいただきとても名誉です。これからも救助活動に協力していきたい」と話しました。