ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 市民の生命・財産を守る

市民の生命・財産を守る

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2012年12月27日更新
特別警戒に出発

特別警戒に出発
出動人員報告をする
激励に立った大西市長
松永市議会議長に敬礼
激励者に見送られ出発
 12月26日(水)夕方、長門市役所駐車場で、平成24年度長門市消防団年末年始特別警戒激励式が行われ、市内の消防団12部隊が参加しました。  これは、年末年始は生活の繁忙と火気使用の増加に伴い、火災発生の危険が大きくなる時期を迎え、市内各地区で年末年始特別警戒を実施する長門市消防団への激励を市長らが行うものです。  大西市長は、「市民の生命と財産を守るために献身的な努力をされている消防団の皆さんに感謝申し上げます。今年は長門市始まって以来最大となった湊での大火災が発生しました。残念ながら1名の人命が失われたものの、皆さんの懸命な活動のおかげでそれ以上の犠牲を防ぐことができました。今年も市民が安心して正月が迎えられるように、懸命な呼びかけをお願いします」と激励しました。  その後、大西市長や松永市議会議長、吉岡消防長らの見送りを受けながら、各部隊ごとに特別警戒に出発しました。