ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 高齢者給食サービス

高齢者給食サービス

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2012年12月25日更新
ボランティアの中学生から弁当を手渡す

ボランティアの中学生から弁当を手渡す
弁当詰めの手伝いのようす
一斉に福祉員が弁当を配る
中学生と婦人会があいさつ
この日配られた弁当
 12月22日(土)、仙崎地区で高齢者給食サービスが行われました。これは、仙崎地区社会福祉協議会が実施したもので、地区内の75歳以上の単身の高齢者245人に公民館で調理した手作り弁当を配るものです。 当日は、仙崎中学校の3年生と2年生12人がボランティアとして弁当詰めの手伝いを行いました。  弁当にはちらし寿司、ヤズの刺身、鶏肉の唐揚げや煮しめなどバランスに配慮した内容でした。  弁当配布は地区の福祉員が担当し、公民館の近くにはボランティアの中学生も同行しました。中学生が弁当を手渡すと、受け取った高齢者は「ありがとうございます。楽しみにしているので、しっかり味わいたい」と述べました。