ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 子どもたちが観客を魅了

子どもたちが観客を魅了

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2012年12月16日更新
エンディングのシーン

エンディングのシーン
オープニングの場面
観客を魅了した子どもたちの舞台
 12月16日(日曜日)、油谷こどもミュージカルの定期公演がラポールゆやで行われました。 第11回目となった「不思議な夜がやってきた」は、両親が離婚してしまった主人公ナミが、夢の世界での出来事を通して、仲間の大切さやいたわりあうことの大切さを知っていくという内容です。 下関市市民ミュージカルの会代表伊藤寿真男さんの指導のもと、小学4年生から高校生までの42人の団員が在籍。また、一般市民から募ったボランティアスタッフ25人で実行委員会を組織して、衣装、舞台装置の製作、広報等、陰で子どもたちを支え、公演をサポートしています。 公演は、午前・午後の2回の公演はいずれも満席で、たくさんの観客が子どもたちの躍動感あふれるステージを堪能しました。 講演を終え、鳴り止まない手拍子で迎えられたカーテンコールでは、観客から惜しみない拍手が送られていました。