ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > みすゞの課外授業

みすゞの課外授業

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2012年12月17日更新
座学のようす

座学のようす
角の乾物屋の付近で説明を聞く
m20000を見学
昼に提供された特別弁当
手渡された修了証
 12月15日(土)、金子みすゞ記念館で「みすゞの課外授業 ~心が豊かになる大人の学校~」が開催されました。これは、長門観光コンベンション協会が催行したもので、同協会が昨年5月に第3種旅行業を取得し着地型旅行商品の企画・販売に取り組んできた中で今回初めて開催されました。 今回参加したのは、山口県・福岡県からの4人で、午前と午後に1つづつの座学を受けました。お昼にはみすゞの詩にでてくるクジラやイワシ、この地域の地元料理のわかめむすびやけんちょう、サザエ、鶏肉を食材とした特製の弁当を食べました。  その後、ボランティアガイドの案内で仙崎を散策。みすゞの墓がある遍照寺や先日完成したモザイクアート、m20000などを見学しました。 みすゞ記念館に戻ってから、最後にみすゞ検定に挑戦しました。  同協会では、今後も内容を検討し、定番の商品にしていきたいとのことです。