ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 仙崎地区で三世代が交流

仙崎地区で三世代が交流

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2012年12月1日更新
力一杯剣を振りかざす

力一杯剣を振りかざす
狙いを定めてゴールを狙う
何回飛べるかチャレンジ
スティックを倒さないように移動
健康コーナー(手前)と食育コーナー(奥)も設置
 12月1日(土曜日)、仙崎小学校で仙崎スポーツ・レクリエーション三世代交流集会が行われました。 これは、幼児から高齢者までが一緒にスポーツ・レクリエーション活動を通していつまでも元気な仙崎地区を維持するとともに世代間の活発な交流を図ろうと仙崎地区社会福祉協議会の主催で開催されました。 交流会でははじめに主催者を代表して仙崎地区社会福祉協議会の木下紀一郎さんが「童心に返って子どもたちとふれあい、地域や家族、友達との絆を深めていきましょう」とあいさつをしました。 交流会は、グラウンドと体育館の2つ会場で行われ、参加者は、グランドゴルフやスポーツチャンバラ、フライングディスクなど7種類のニュースポーツを楽しみ交流しました。各会場では、地域のお年寄りや親と楽しむ子どもたちの姿が見られました。