ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 高校ラグビー県決勝

高校ラグビー県決勝

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2012年11月23日更新
ウィングが抜け出すが萩商工の堅守に阻まれる

ウィングが抜け出すが萩商工の堅守に阻まれる
タックルを振り切って進む選手
萩商工にモールで押し込まれる
先制点となるペナルティーキック
試合後、選手の健闘を称えてメダルが授与された
 11月23日(金曜日)、俵山多目的広場で陸上と第92回全国高校ラグビーフットボール大会県予選の決勝が行われました。 決勝に駒を進めた大津・大津緑洋高校と対戦したのは、10年連続花園出場の萩商工高校です。大津・大津緑洋高校は、試合開始早々に2本のペナルティーゴールを決めて勢いに乗りましたが、萩商工の堅い守りに阻まれトライが奪えずにいました。一方、萩商工は、立ち上がりが悪かったものの大津・大津緑洋の攻撃をしのぎ、前半24分にトライを奪って流れをつかみ、立て続けに2トライを奪い19対6と引き離し前半を折り返しました。後半も萩商工ペースで試合は進み、2トライを上げさらに大津・大津緑洋を突き放しました。大津・大津緑洋も後半26分に相手陣内に押し込み密集から飛び出してトライを奪い反撃ののろしを上げましたが、直後にトライを奪い返されノーサイド。33対13で敗れました。大津・大津緑洋高校の東主将は「来年につながれば」と話しました。 なお、優勝した萩商工は、12月27日から大阪府の近鉄花園ラグビー場で開催される全国大会に山口県代表として出場します。