ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 宇津賀ふるさとまつり

宇津賀ふるさとまつり

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2012年11月26日更新
のりのつかみ取りは、子どもから大人までが楽しむ

のりのつかみ取りは、子どもから大人までが楽しむ
体育館では銭太鼓などの演奏が行われた
うどんのバザーはja宇津賀女性部が提供
子どもたちの作品も並ぶ
豪華なビンゴの景品に参加者は興味津々
 11月25日(日)、油谷の旧文洋小学校を会場に、第32回宇津賀ふるさとまつりが開催されました。会場には、やきとり、うどん、ちらし寿司、ポップコーンやたこ焼き、りんご飴などのバザーや地元でとれたさつまいも、新米なども販売され、朝から地元の人や地元出身者が多く訪れました。  のりのつかみ取りでは、のりをビニール袋につめ放題になっており、来場者は一生懸命ギリギリまでビニール袋にのりを詰め込んでいました。 体育館では舞台発表が行われ、来場者はフルート・ギター演奏、日本舞踊、銭太鼓の演奏を楽しんでいました。また、展示作品では、保育園、小・中学生、サークルの作品が展示され、訪れた人たちは足を止めて見入っていました。  ビンゴやもちまきも行われ、来場者は最後まで楽しんでいました。