ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > スパトライアスロンin俵山

スパトライアスロンin俵山

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2012年11月26日更新
温泉街を浴衣で走る

温泉街を浴衣で走る
12km「毛利の殿様コース」のスタート
コースの途中で足湯につかる
地元の人たちによるとり鍋としし鍋が振る舞われる
12km「毛利の殿様コース」で優勝した大下さんは山口市から参加。副賞の俵山産のお米が贈られた。
 11月24日(土)、俵山温泉街を会場に「第1回長門白猿の湯スパトライアスロンin俵山」が開催されました。これは、スポーツとコミュニケーションを掛け合わせた新しいスポーツ「スパトライアスロン」を俵山温泉で開催することで、観光客の誘致と健康の増進を目的に開かれたものです。  俵山多目的交流広場をスタート、ゴールに、12km「毛利の殿様コース」、5km「白猿の湯コース」、3km「ウォーキングファミリーコース」、3km「婚活スパトライアスロンコース」が設定され、途中には足湯や俵山の名物猿まんじゅうを食べるアトラクションも用意され、参加者は楽しみながら走っていました。  ゴール後は、地元の人たちによる手打ちそばやとり鍋、しし鍋などが用意され、参加者はあいにくの雨で冷えた体を温めていました。