ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 俵山地区民文化・産業祭

俵山地区民文化・産業祭

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2012年11月5日更新
俵山中学校の生徒による三番叟

俵山中学校の生徒による三番叟
メイン会場は俵山小学校体育館
俵山小学校の児童による白波五人男
公民館前のバザー会場では餅つきも
俵山中学校体育館では手打ちそばのバザー
 11月4日(日)、俵山公民館周辺で俵山地区民文化・産業祭が行われました。当日は、俵山幼児園、俵山小学校、中学校の児童生徒や園児、地区住民など多くの人で賑わいました。  午前中は、俵山小学校体育館で青少年育成市民会議俵山支部による「絵手紙表彰」が冒頭に行われ、続いて俵山小学校、中学校の児童生徒による合唱や英語暗唱、幼児園の園児によるオペレッタが行われました。  その次に、俵山地区で行われている歌舞伎を小学生や中学生が演じ、そのすばらしい演技に来場者は大きな拍手を送っていました。  午後からは中学生の職場体験学習発表や公民館活動グループによる発表も行われました。  俵山中学校体育館では、幼児園から生きがい大学など公民館活動グループによる展示や手打ちのそばのバザーが販売されました。公民館の周辺では、バザーや出店があり、お昼にはたくさんの来場者が焼きそばや焼き鳥、たこ焼きやつきたてのお餅を買い求めていました。