ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 灯台監視者に感謝状

灯台監視者に感謝状

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2012年11月1日更新
感謝状を手に記念撮影

感謝状を手に記念撮影
贈呈式のようす
黄波戸港a防波堤灯台は、6秒に2回閃光。光達距離は、3.5海里
 11月1日(木曜日)、海上保安部長表彰が山口県漁業協同組合黄波戸支店で行われました。 この表彰は、海上保安業務に協力のあった個人に対して感謝状が贈呈されるものです。今回表彰を受けたのは、日置黄波戸地区在住で山口県漁協黄波戸支店組合員の橋本繁次さんです。橋本さんは、平成14年4月1日から今年6月30日までの約10年もの間、黄波戸港a防波堤灯台の灯火監視協力者として航路標識の重要性を認識し、日夜責任感を持って灯台の維持管理に協力してきました。特に低気圧や台風通過後の灯火確認や施設の状況を通報するなど海上交通の安全確保に大きく貢献しました。 感謝状を受け取った橋本さんは「10年間やってきたが苦に思ったことはない」と振り返っていました。