ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 全日本マスターズで優勝

全日本マスターズで優勝

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2012年10月15日更新
賞状を手に記念撮影

賞状を手に記念撮影
練習方法やレースのようすを語る
多くの賞状を披露
 10月15日(月曜日)、9月21日(金曜日)?9月23日(日曜日)に岡山県陸上競技場で開催された第33回全日本マスターズ陸上競技選手権大会60歳の部において400mと800mで優勝した上田十太さんが市長を表敬訪問しました。 マスターズとは、ベテランズとも言われ、その道に秀でた人、概して人生の熟練者(経験者)です。男女共に35歳以上であれば、競技成績に関係なく会員になれ、生涯楽しく同年代の人々と競技ができます。5歳刻みであるため、5年毎にクラス別 の最若手となり記録更新・上位入賞のチャンスもあります。 大西市長を前に上田さんは「優勝できてほっとした。まだまだタイムは伸びる。400mと800mで日本記録を塗りかえたい」と抱負を述べました。 今後上田さんは、10月20日(土曜日)に行われる第60回長門大津駅伝に出場するほか、市民駅伝や県内のロードレースに参加するということです。 ◯記録(60歳の部)200m 第6位 27秒73400m 第1位 1分00秒24800m 第1位 2分18秒53(大会新)   ☆参照☆ /info_box/koho/121001/2012100811.pdf" target="_blank広報10月号「長門の人」