ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 今年も全国やきとリンピックへ

今年も全国やきとリンピックへ

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2012年10月4日更新
メンバーと大西市長

メンバーと大西市長
訪問のようす
 10月4日(木曜日)、2012全国やきとリンピックinふくしまに参加する長門やきとり横丁連絡協議会のメンバーが大西市長を表敬訪問しました。 全国やきとリンピックとは、毎年各都市で開催され全国各地の有名ご当地やきとりが食べられる日本で最大のやきとりイベントです。福島での開催は2回目となり東日本大震災後は初。長門市からは第1回大会から参加しています。また、「長門やきとり横丁連絡協議会」では、これまで「やきとり長さ世界一の挑戦」などを通じ福島との交流を深めてきました。東日本大震災後においては、福島産の鶏肉を市内のイベントで販売するなど被災地への支援・エールを贈っているところです。 訪問を受けた大西市長は「福島に元気を与え、長門市を全国にアピールしてきてください」と激励しました。 長門やきとり横丁連絡協議会は2014年度に長門市での開催を企画しており、協議会の河村さんは「行政もお手伝いしていただければ」と話し、これに対して大西市長は「長門市が元気になることであればできる限り協力したい」と話しました。 なお、第6回「2012全国やきとリンピックinふくしま」は、10月6日(土曜日)から7日(日曜日)の2日間、福島市のさんかく広場で開催されます。