ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 国体優勝を報告

国体優勝を報告

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2012年10月4日更新
優勝を決め球場で記念撮影

優勝を決め球場で記念撮影
報告会で大西市長と握手を交わす選手
チームを支えたバッテリー
鋭い打球を放つ
新田高校戦同点のホームイン
 10月4日(木曜日)、9月30日(日曜日)から10月3日(水曜日)に岐阜県で行われたぎふ清流国体高等学校野球(軟式)競技会で優勝した大津・大津緑洋高校軟式野球部の優勝報告会が市役所南側駐車場で行われました。 大津・大津緑洋高校軟式野球部は、初戦滋賀県の比叡山高校と対戦し1対1の引き分けで抽選により勝利。続く準決勝でも愛媛県の新田高校に2対2の引き分けで抽選により勝利しました。決勝では、ライバル校の1つである栃木県の作新学院高校と対戦。2対1の接戦をものにし、65年の歴史を有終の美で締めくくりました。 報告会では、大西市長が「皆さんの努力と65年の歴史の成果が出た。有終の美を飾った皆さんに心から感謝したい」と述べました。続いて永田監督が「今大会では、自分たちの実力以外のほかの力が働いた。応援してくれた皆さんのおかげです。今日限りで軟式野球部は終わるが今後選手に良い社会人になり地域を盛り上げるよう指導したい」と話しました。 市役所を後にした選手たちは、学校に戻って原田校長に優勝を報告しました。また、10月12日(金曜日)に同校体育館で全校生徒や教職員に優勝を報告することとなっています。